セロトニン サプリ

セロトニンとアロマ

 

気分が沈んで何をするにもやる気が出ない、という人はいませんか?セロトニンが不足しているのかもしれませんよ。セロトニンというのは、幸せホルモンとも呼ばれている脳内の神経伝達物質です。このホルモンがしっかり分泌されていると、人の心は安定して落ち着いた状態でいられます。逆に不足してしまうと体に不調がいろいろと生じてきます。

 

セロトニンを増やす方法はいくつかありますが、今回はアロマについてお話をしていきましょう。セロトニンを増やすのになぜアロマが良いのかというと、セロトニンはリラックスしている時に分泌されるからです。アロマの良い香りは人をリラックスさせてくれます。特におすすめのアロマをご紹介します。

 

・ラベンダー・・・リラックス効果といえばこれ!と言えるほど代表的です。寝る前に使用すると良いです。
・ベルガモット・・・気持ちが前向きになります。むくみに効果的。
・オレンジスイート・・・抗うつ作用が期待出来ます。気持ちが不安定な時に良いでしょう。
・クラリセージ・・・PMS、更年期で悩んでいる人におすすめ。
・ネロリ・・・アンチエイジングに効果的で精神安定剤として利用出来ます。
・マジョラムスイート・・・自律神経の乱れを改善してくれます。不眠や疲労に効果的。

 

いろいろ挙げましたが、一番良いのは自分が好きと感じる香りです。いくつかのオイルをブレンドするのも良いでしょう。キャリアオイルに混ぜて、マッサージオイルとして使うのもおすすめです。

 

セロトニンとその働き

 

現代人にうつが増えている背景にはセロトニン不足が原因にあると言われていますが、このセロトニンは脳で作られ分泌される脳内物質です。セロトニンはホルモンではなく脳内物質というのが正しい表現となります。

 

ホルモンはそれぞれの臓器が分泌して血液中に放出して体に影響を与えているものですが、脳内物質は脳の中で分泌されるのみとなっているものです。セロトニンは脳の他でも作られており、ホルモンのように全身の機能に影響を与える側面がありますのでホルモンと言われることがありますが、脳に存在しているセロトニンについて言うなら脳内物質と言うのが正しい表現です。

 

セロトニン神経細胞は多くはありませんが、セロトニンは脳全体に分泌されており、全身に及ぼす影響が大きくなっています。セロトニンは大脳皮質に作用して、脳を最適な覚醒状態にする働きがあります。セロトニンが働いてこそ、一日頭がスッキリと冴えた状態で活動を始めることが出来ます。

 

セロトニンは平常心に整えるはたらきがあり、そのために怒りや落ち込み、イライラ、ソワソワするといったことがなくなります。また交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれる働きをします。その他にも痛覚をコントロールしたり、また姿勢に関わる筋肉の状態を調整します。

 

セロトニンの分泌には体内のリズムが関係していますが、リズムを整えるためにも重要なのが太陽の光を浴びることです。特に朝起きた後にしっかり太陽の光を浴びるようにすることは、体を目覚めさせセロトニンの分泌を活性化させるようになります。

 

セロトニントランスポーター遺伝子

 

日本人にはネガティブな人が多いという話を聞いたことはありますか?日本人は慎重であるとも言えます。これにはセロトニントランスポーターという遺伝子が関係しているようです。

 

セロトニントランスポーター遺伝子は、セロトニンに関係している遺伝子です。セロトニンについて少し説明していきます。セロトニンというのは脳内の神経伝達物質です。気持ちを落ち着かせるような情報を伝達する役目があります。セロトニンが十分に分泌されている人は、心が安定した状態にあります。セロトニンが不足すると、不安な気持ちが大きくなってきてうつ病になりやすくなると言われています。

 

セロトニントランスポーター遺伝子のタイプによって、セロトニンの働き具合が変わってくるようです。この遺伝子にはSS,SL、LLの3つのタイプがあります。LLならとてもよく働いてくれます。このことからLLタイプの遺伝子を持つ人は楽観的で前向きな性格です。ポジティブ遺伝子とも呼ばれているほどです。SSタイプであればネガティブな性格になります。不安を抱きがちな人ということです。日本人にはSSタイプの人が3分の2以上いるそうです。ほとんどの人がネガティブタイプと言えるのです。ポジティブな遺伝子の人は少数派なのです。

 

アメリカ人ですとSSタイプは2割未満です。アメリカ人は日本人に比べて楽観的ということが分かります。慎重であることは悪い事ではありません。生き延びるためには必要なものです。不安を感じるというのは、人の心を理解出来るということの現れでもあります。

 

セロトニンと呼吸法

 

脳内伝達物質であるセロトニンは、精神の安定に深くかかわりのあるホルモンです。このセロトニンが不足すると、うつ病になるリスクが高まるとも言われているのです。セロトニンを増やすためには、太陽の光を浴びたり運動をしたりなどの方法がありますが、呼吸も大きく関係しているようです。アロマオイルを吸いこむと気持ちがリラックスしませんか?また緊張する場面では呼吸が減って息をつめた感じになりませんか?このようなことから、仕事が忙しく分刻みで働いていたり食事の時間もろくにとれなかったりしていると、セロトニンは減っていってしまうのです。

 

呼吸とセロトニンについてお話をしていきます。呼吸が悪いとセロトニンは減ってしまいます。これはどういうことでしょうか。次のような人は、いませんか?

 

・寝起きが悪い
・やる気が出ない
・イライラしがち
・意欲がない

 

これはセロトニン不足による症状かも知れません。セロトニンを増やすために呼吸を意識してみましょう。呼吸法は無意識ではなく意識して行うことで効果がアップします。無意識ではセロトニンは増えません。

 

それでは呼吸法を紹介します。座った状態で行います。

 

・ゆっくりと口から息を吐きだす。
・全部吐いたら吸います。吸う時にお腹に手を当ててお腹が膨らむのを感じましょう。
・上の動作を、5〜10回繰り返します。

 

これが腹式呼吸で、横隔膜が10cmくらい上下するのです。この時にセロトニンが増えるというわけです。

 

セロトニンと太陽の光

 

セロトニンという心の状態に深いかかわりがあるホルモンがあります。脳の中にあり神経伝達物質と呼ばれているものです。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれていて、多く分泌されていると気持ちが前向きになります。これが多いと質の良い睡眠も得られます。

 

セロトニンを増やすにはどうしたら良いかというと、太陽に光を浴びることです。それではどれくらい浴びればよいのでしょうか。今回はセロトニンと太陽の光についてお話をしていきます。体内時計という言葉をご存知でしょうか。生活のリズムを整えるために大切なものです。この体内時計は毎日リセットされています。そしてそれは一定量の光が目から入ることで行われるのです。体内時計が狂うと、夜眠れないという状態になってしまったりします。

 

体内時計をしっかりさせるには朝日がとても大切です。朝起きたらカーテンを開けて太陽の光を感じてください。それによって体がシャキっと目覚めてセロトニンが分泌され始めます。セロトニンを分泌するには、朝に2500ルクス以上の光が必要です。蛍光灯などの光では全然弱く、300〜500ルクス程度しかありません。体内時計のリセットにはとても届きません。

 

体内リズムを整えるには屋外で30分くらい太陽の光を浴びる必要があるそうです。もちろん晴れていたり曇っていたりと日によって光の量は違います。日差しが強すぎる時には控えめにしたりするなど、自分で気持ちよく感じる範囲を調整してください。